納入事例|透析排水のpH自動中和処理

納入:某内科クリニック様

用途:透析排水のpH自動中和処理

透析排水の処理量が増え、中和処理設備を入れ替え


関西地区のクリニック様より、透析排水の処理量増加に伴う中和設備更新のご相談を頂きました。

既設はT社製の中和処理装置が入っていましたが、特に対応を重視されるということもあり、弊社への入れ替えを検討・受注となりました。

 

限られたスペースに処理量を満足する中和設備を施工


現場は限られたスペースしかない為、増大した処理量を中和するには原水槽を2つに分割するなど、省スペースへの工夫が必要でした。


アルカリ・酸両側での中和でしたが、薬液注入ポンプは弊社製のポンプを使用。高い信頼性により予備機不要の1台での運用を行いました。これによりコストとスペース削減に大きく貢献しています。


また、制御盤のサイズも従来より1/2ほどにコンパクト化。省スペース化に貢献しています。


原水からの移送は陸上ポンプでは無く、水中ポンプにすることにより省スペース化。


メンテナンススペースも充分にとれ、今後の電極校正や定期メンテナンスのハンドリングにも配慮しました。

 

透析排水のpH自動中和装置はエイチツーまで


「どこに頼めばいいんだろう?」中和装置に関するご相談は実績豊富なエイチツーまで是非ご相談下さい。