pHとは?


ph 02

 

水の電離

水はごくわずかですが水素イオンOH-とに電離しています。

H2O H+ +OH-                                                                                           (水) (水素イオン)(水酸イオン)

純水な水の電離によって生ずる水素イオンの濃度(H+)と水酸イオン(OH-)は等しく、 25℃でそれぞれ1.0×10(moℓ/ℓ)であることされています。

(H+)=(OH-)=1.0×10(moℓ/ℓ)

※ moℓ/ℓという記号はモル・パー・リッターと読みます。水溶液1リットル中に何モルの物質が溶けているか示しています。 (H+)の記号は水1リットル中に含まれている水素イオンのモル濃度、すなわちmoℓ/ℓを表します。

 

水のイオン積

水中における水素イオンの濃度と水酸イオンの濃度との積(掛け合わせたもの)は、温度によって変化します。

25℃では、

水のイオン積=(H+)×(OH-)(at25℃)=(1.0×10-7)×(1.0×10-7) =1.0×10-14(moℓ/ℓ)         ⇒一定 イオンのモル濃度の積が一定であるということは、一方のイオン濃度をあげると他方のイオン濃度は低下するということになります。

 

水素イオン濃度(pH)

水素イオンの濃度0.1(moℓ/ℓ)溶液は、10-1(moℓ/ℓ)でありその指数の一を除いたものを水素イオン濃度指数(pH:ペーハー(独語)、ピーエイチ(英語)といい、この場合1となります。

水素イオン濃度0.1(moℓ/ℓ)の希塩酸のpHは1ということになります。

純粋な水は水素イオン濃度が10-7(moℓ/ℓ)(at25℃)ですから pHは7ということななります。