中和方式の長所・短所


pH中和処理は、薬液を添加し中和する方式と、炭酸ガスを添加し中和する方式があります。それぞれの長所と短所をまとめてみました。

 

pH中和方式の比較

薬液中和方式

【薬液中和方式】

メリット:①ランニングコストが安価                 ②イニシャルコストが安価                        ③中和反応が早く、比較的省スペースで設置が可能。

デメリット:①薬液の取扱に注意が必要(特別な資格は必要無し)       ②何らかの理由で注入過多になった場合、pHが過剰に下がる。

 

 

炭酸ガス中和方式

【炭酸ガス中和方式】

メリット:①2次災害が無い(入れ過ぎても中性以下にはならない)    ②安全性が高い

デメリット:①ランニングコストが高い。                       ②イニシャルコストが比較的高い。                             ③ピットも含めた設置スペースが大きい。

 

 

 

pH中和のランニングコスト比較

コスト比較

※上記価格は参考価格です。実際の検討は現地での価格で比較を行ってください。

 

pH中和剤の取扱について

中和剤の取扱資格

・ 硫酸又は塩酸等の酸系中和剤:濃度10%以下は取扱資格必要ありません。

・苛性ソーダ等 アルカリ系中和剤:濃度5%以下は取扱資格必要ありません。